menu

あるじゃんぶろん

〒108-0071
東京都港区白金台1-1-50
シェラトン都ホテル東京内 B1

TEL.03-5475-3444

7月の誕生石「ルビー」


赤い色が、燃え盛る炎をイメージさせる7月の誕生石「ルビー」は、その名も
ラテン語で赤色を意味する「Rubeus」が由来です。      ※ 原石 ⇒
採掘に関する最も古い記録は2500年前まで遡り、旧約聖書の中に「ルビー」
に関するいくつかの記述が出てきます。
中世では、「ルビー」の中に閉じ込められた星が激しく燃えているという伝説が
あり、身に着けた人の情熱をかき立てて、能力を最大限に引き出す力がある
とされていたそう。
そして古代ローマでは炎と戦いの軍神マルスが宿る護身の石として、また古代インド人は「宝石の王」という意味
「Ratnaraj」(ラトナラジュ)と呼んで戦士が身に着けると無敵と信じられていたとか。
そんな言い伝えのある「ルビー」は、ダイヤモンドに次ぐ硬さを誇り、さらにダイヤモンドに比べて鉱山が僅かしか
ないことから、ダイヤモンドより希少性があるのです。

鉱物学的には、サファイアと同じコランダム(鋼玉石)に属し、その中で赤色のコランダムだけが「ルビー」と呼ばれ、他の色はすべてサファイアという名称になるのですが、僅か2%弱の酸化クロムという物質が含まれると赤になるそう!
産出国はミャンマー、タイ、スリランカ、ベトナムなど東南アジアに偏って、欧米
では採掘されません。
中でも良質な最高級の「ピジョンブラッド」と呼ばれる色の殆どがミャンマー産で、ダイヤモンドを凌ぐほどの評価を受ける事も珍しくないほど。

「情熱と勝利の象徴」の石として、様々な国の王や権力者に愛された「ルビー」は現在も、身に着けている人の内なる情熱を引き出して魅力的に輝かせ、勇気と自信を高めるパワーストーンとしても人気があり、「ルビー」の美しい赤い色は、私たちの心を奪ってやみません。

左:PT ナチュラルルビー1.052 ダイヤモンド0.750 ネックレス ¥680,000.-
右:PT ルビー1.000 ダイヤモンド0.200 リング ¥580,000.-

=KS=